ARI (関口 有:せきぐち あり)

小さいころから父親のかけるビートルズを聞きながら、

めちゃくちゃな英語風歌詞で歌っていた。

 

自分では英語ができると思っていた高校1年生。

シカゴにいた従兄に会うが、会話が全然できずショックを受ける。

 

高校3年生のときにロータリークラブから交換留学でカナダへ。

ホームステイの経験をさせてもらう。

 

その後、カナダのカールトン大学ジャーナリズム学部

マスコミュニケーション学科を卒業。

 

外資系のメーカーではマーケティング担当、

商社ではバイヤー担当などを経て

 

現在11歳になる娘の母親。子育て奮闘中!

 

 

イングプット立ち上げまでの道のり

今では考えられませんが、私は小さい頃から

親に求められてもいないのに「良い子」でした。

自分の意見はあまり持たず、人に合わせていました。

 

カナダに留学したときにホームステイ先の家族に

「アリは何が食べたい?」と聞かれ、

みんなに合わせるため「なんでもいいよ」と答えると、

「アリは自分の食べたいものすら言えないの?そんな人生つまらない!」

と言われショックを受けました。

 

人間関係に波風を立てないのが美徳だと思っていたからです。

 

その後、できるだけ積極的に自分の思いや考えを伝えるようになると

どんどん友達が増えていくではありませんか。

誰も「自分に同意するだけ」の友達はいらなかったのです。

 

常に意見を戦わせる必要はありませんが、

「私はこういう考えを持っています」と

相手に伝えられる人のほうが魅力的に感じてもらえ、

人を惹きつけるのだと実感しました。

 

知識としての英語も、自分の意思を持ったとたんに

なんとか相手に伝わるようにと活き活きし始めます。

 

イングプットはそんな私の経験も踏まえて、英語(イングリッシュ)

「覚える」(インプット) +「考えて伝える」(アウトプット)

の英語として習得するため 『イングプット』と名付けました。

 

無料体験

英語が大好きになり、
世界に羽ばたけるマインドを持ち、
充実した人生をお子さんたちに送ってもらいたい

そう思われている親御さんとそのお子さんには
イングプットがおススメです。

迷ったらまずは無料体験へお越しください。
一緒に英語を楽しみましょう!
申込、お問合せはこちらから。